スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流幻沢アンソロジー方針

  • 2012/04/15 19:09
  • Category:
拍手有難う御座いました~!
お返事不要のお気遣い痛み入ります、お言葉に甘えちゃいます(*´∀`)
唇噛み切るシチュエーション好物なので描くのが楽しみですよ~w


もうすぐらんあ祭りの打ち上げチャットなんですね~。
そしてギャラリーもらんあ同盟のコンテンツとして存続するとか。有難いお話です^^
ニコ生で私がいつも見ているコミュの配信時間とかぶっていたり、まだ慣れてない講義も翌日あるのでどっぷり長居は出来なさそうですが、チャットにも行きたいな~と思っています笑

sarasi.jpg


背景めんどくさくなっちゃった落描き。
さらしを巻いた格好では正面より背中のほうが、私にとっては何かそそるものがあります。
背骨の筋の部分ときつく巻いたさらしとの微妙な隙間が好きです。
ついでに、あかねちゃんはB~Cカップくらいが可愛くていいな~。
Aだとあまりにも板すぎて…かといってDぐらいあるのもイメージと違う笑



そして、ここからは流幻沢アンソロジー企画について。
すぐに実行出来ないと何度か言っていたので、現時点で考えているなんとなくの形です。
長めです。

先に、主に要点と悩みどころだけまとめると、こんな感じです。
理由とかは記事の追記に畳んでおきます。
  • 企画始動は未定。何ヶ月も先になります。
  • いずれ告知サイト作ります。
  • 対応する原稿形式
  • 執筆者の公募を行うかは未定


詳しくは追記で!
現段階で想定している作品規格について。
一応まだ公募するかは決めてないので、大まかな事しかかけませんが。
「興味はあるけど詳細が分からないから参加できるか分からないな~」と言う方が万が一いらっしゃるかも?と思ったので、参考にどうぞ。

*流幻沢編に関する内容の作品であれば、幼少期でも未来編でも可。
*全年齢対象で、内容はシリアスでもギャグ4コマでも自由。ただしあからさまなBLは不可。
*作品形態は小説(本人または合作による挿絵+もOK)、または漫画。
*漫画原稿はデジタル、アナログどちらにも対応。
*再録やウェブ掲載可能は半年後以降。
*執筆の謝礼は完成本を一部献本。
*入稿に使用したアナログ原稿は後日返却します。

文字書きさんは改ページ位置など指定したい方はWordやpsdが望ましいですが、メモ帳のテキストファイルも大丈夫です。



告知サイトはいずれ作るつもりですが、企画の本格始動が遅くて数年後とかになるかもしれないなら、今からは時期尚早すぎる?
でも存在を知ってもらうだけでも心積もりが出来て良いんじゃないかな?
いつでも公開できるように水面下で作っとこう。

具体的な告知をするためにも、公募制にするのか依頼制にするのか決めた方がいいのですが、難しいところですね。
流幻沢編がお好きな方の作品を沢山読んでみたい!というのが本音です。
でも公募だとトラブルのリスクも大きくなるだろうし…そのトラブルを防ぐためにも執筆お断りしなければならない場合があるんじゃないかと思うと心苦しくて。

他推制というのも面白いですよね。
個人のアンソロ企画でも、たま~に見かけました。
アンソロで描いて欲しい作家さんのお名前を、告知サイトのフォームなどから読者の方に伺うというものです。
作家さんご自身の都合もあるので、それで声の多かった作家さんに描いていただけるという保証はないのですが、この方法も視野にいれています。




企画開始まで時間がかかる理由なんですが、coa自身のプライベートがアンソロ主導出来るほど時間が取れないことと、デジタルの修行期間です(;´∀`)

私の同人印刷の経験といえば、アナログ原稿による個人誌と、デジタル原稿のコピー本くらいです。

デジタル原稿の作り方は各印刷所が親切に説明されているので、大体は読みゃ分かるし、
私の所持ソフトや環境ならば十分可能なのですが、実際やってみて初めてわかる事もあると思います。

詳しい人に頼るのが一番なのですが、企画主である以上は、本を一冊作る大変さを改めて知っておくべきと考えています。
少なくとも私が執筆者の立場で考えると、自身でデジタル本を作ったことがない方のデジアナ混合のアンソロ企画なんて不安で参加出来ません。

ということで、一度、実験的にというかPDCAサイクルに則って、アンソロ企画の前にさり気なーくちまっと個人誌を作りたいと思います。
ジャンルやカップリングはまだ言えないし、イベントや通販で一般に頒布するかも決めてないけど、学業に支障をきたさない程度でちまちま描いてみよう。



今じゃFMスクリーン印刷?とかいうので濃度が綺麗に表現出来るそうで、2値じゃなくグレスケ原稿も多いとか。
印刷業界も進化し続けるんですね。
昔はオンデマも珍しかったですよね。
自分は100線で描くような事はないんですが、こういう印刷事情を意識して描き方を変えた方もいるんじゃないかしら。



やるからには、後悔なく全力のアンソロ本を作りたいと意気込んでいるので、未熟な私に自信をつけるため数カ月あるいは1,2年お待ちいただけたら嬉しいです。

あ、「そんなに待ってられねーよ!早く読みたいんだ!」という方がいらっしゃれば、どうぞこの企画お譲りしますよ~^^
流幻沢作品を沢山読みたいけど、誰も言い出してくれる気配がないから自分で計画しているので(笑







まだ企画始まってないのに公の場にこんなに情報公開するのって少し気が引けるんですが、これ読んで「描きたい!」と思ってくださる流幻沢編好きさんがいらっしゃればいいな~と思っとります。
質問や提案などいつでも大歓迎です。

※この記事の内容は予告なく改正される場合があります。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。